図書資料台帳

歴史系図書資料台帳

*2008年1月〜2008年9月刊行図書=登録順
ここに登録された図書はすべて国立国会図書館で閲覧出来ます。
【注】まず、書名、以下、@編著者、A発行所、B発行年月、C頁数、寸法 D価格
□『「三国志」乱世の人物学』@守屋洋著APHP研究所B08年1月C261頁 18pD1000円
□『「新訳」名将言行録 大乱世を生き抜いた192人のサムライたち』@岡谷繁実著・兵頭二十八編訳APHP研究所B08年1月C291頁 18pD950円
□『直弟子が語る安岡正篤から学んだこと』@下村澄 著Aアーカイブス出版B08年1月C231頁 19pD1800円
□『篤姫と大奥の秘められた真実』@清水將大著Aコスミック出版B08年1月C223頁 18pD762円
□『維新外交秘録神戸事件』@矢野恒男著Aフォーラム・AB08年1月C294頁 20pD2000円
□『幕末・維新の日本史が2時間でわかる本 やっぱり激動の25年が一番おもしろい!』@歴史の謎を探る会編A河出書房新社B08年1月C223頁 15pD514円
□『祭りの考古学』@安斎正人、小野正文、黒沢浩、椙山林繼、平川南著A学生社B08年1月C224頁 20pD2380円
□『私観大東亜戦争』@三浦節著A元就出版社B08年1月C254頁 20pD1800円
□『不思議な戦争の話 本当にあった戦場の出来事40話』@広田厚司著A光人社B08年1月C285頁 16pD752円
□『江戸厠百姿』@花咲一男著A三樹書房B08年1月C209頁 22pD2800円
□『江戸の高僧伝説』@堤邦彦著A三弥井書店B08年1月C347頁 20pD2800円
□『西国の覇者・毛利元就』@原田久仁信作画・戦国最強武将・武田信玄・時代・歴史傑作特選集A実業之日本社B08年1月C434頁 19pD524円
□『堺』@A昭文社B08年1月C159頁 21pD1400円
□『古代日本の構造と原理』@舘野和己、小路田泰直編A青木書店B08年1月C349頁 22pD3800円
□『赤米の博物誌』@小川正巳、猪谷富雄著A大学教育出版B08年1月C183頁 22pD2200円
□『満洲 その今日的意味』@小林英夫編著A柘植書房新社B08年1月C189頁 20pD1800円
□『よくわかる古文書教室 江戸の暮らしとなりわい』@佐藤孝之監修・佐藤孝之、実松幸男、宮原一郎著A天野出版工房B08年1月C238頁 21pD2400円
□『東京の「痕跡」 ビジュアル図解』@遠藤ユウキ著A同文舘出版B08年1月C219頁 21pD2000円
□『古事記・日本書紀を歩く 神話と伝説の世界を訪ねて』@林豊著AJTBパブリッシングB08年10月C160頁 21pD1600円
□『「通」のための裏返し日本史 この時代のここを見れば日本史の本質がわかる』@中村直勝著A主婦の友インフォス情報社B08年10月C447頁 19pD1800円
□『真実の「日本戦史」 戦略・戦術で解き明かす』@家村和幸監修A宝島社B08年10月C286頁 16pD571円
□『激闘!日露戦争』@別冊宝島編集部編A宝島社B08年10月C220頁 16pD524円
□『三国志「英雄」たちの最期の瞬間!』@諏訪原寛幸画・別冊宝島編集部編A宝島社B08年10月C270頁 16pD495円
□『歴史を変えた武将の決断』@A祥伝社B08年11月C143頁 26pD1143円
□『古代史の謎にせまる』@碓井静照著AガリバープロダクツB08年2月C284頁 19pD1500円
□『義経の宝』@畠山清行著AたんさくB08年2月C38頁 21pD800円
□『王朝貴族のおまじない』@繁田信一著Aビイング・ネット・プレスB08年2月C235頁 19pD1600円
□『狂言台本とその言語事象の研究』@小林賢次著Aひつじ書房B08年2月C369頁 22pD9800円
□『戦国武将100選』@川口素生 著Aリイド社B08年2月C277頁 15pD524円
□『吉村昭 歴史の記録者』@A河出書房新社B08年2月C191頁 21pD1143円
□『ヤマト古代祭祀の謎』@小川光三著A学生社B08年2月C211頁 20pD2400円
□『縄紋土器と弥生土器』@佐原真著・春成秀爾編A学生社B08年2月C373頁 22pD5800円
□『五島孝家文書目録』@岐阜県教育文化財団歴史資料館編A岐阜県歴史資料館B08年2月C305頁 30pD非売品
□『記紀と古代史料の研究』@荊木美行著A国書刊行会B08年2月C511頁 22pD7000円
□『事典にのらない戦国武将の居城と暮らし』@A新人物往来社B08年2月C207頁 21pD1600円
□『徳川家康 天下人への跳躍』@A新人物往来社B08年2月C157頁 26pD1800円
□『平安時代の天皇と官僚制』@佐藤全敏著A東京大学出版会B08年2月C407頁 22pD6500円
□『古代日本の支配と文化』@奈良女子大学21世紀COEプログラム古代日本形成の特質解明の研究教育拠点編A奈良女子大学21世紀COEプログラム古代日本形成の特質解明の研究教育拠点B08年2月C196頁 30pD非売品
□『江戸・東京地形学散歩 災害史と防災の視点から』@松田磐余著A之潮B08年2月C231頁 19pD1800円
□『律令国家史の研究』@鎌田元一著A塙書房B08年2月C563頁 22pD12000円
□『聖徳太子の歴史を読む』@上田正昭、千田稔共編著A文英堂B08年2月C351頁 21pD2000円
□『幕末の駐日外交官・領事官』@川崎晴朗著A雄松堂出版B08年2月C335頁 22pD9200円
□『山本勘助とその周辺』@伊東宏著APBU出版部B08年3月C125頁 22pD950円
□『渋沢栄一と〈義利〉思想 近代東アジアの実業と教育』@于臣著Aぺりかん社B08年3月C306頁 20pD3800円
□『岡山県地方史誌目録 岡山県立図書館所蔵』@A岡山県立図書館B08年3月C96頁 30pD非売品
□『支配の古代史』@広瀬和雄、仁藤敦史編A学生社B08年3月C247頁 22pD3800円
□『恋の万葉集』@高岡市万葉歴史館編A笠間書院B08年3月C348頁 20pD2800円
□『一国平均役と中世社会』@小山田義夫著A岩田書院B08年3月C319頁 22pD7900円
□『パリの聖月曜日 19世紀都市騒乱の舞台裏』@喜安朗著A岩波書店B08年3月C325頁 図版2枚 15pD1100円
□『方言の形成』@小林隆、木部暢子、高橋顕志、安部清哉、熊谷康雄著A岩波書店B08年3月C222頁 22pD3400円
□『中学生の満州敗戦日記』@今井和也著A岩波書店B08年3月C226頁 18pD780円
□『自由民権運動の研究 急進的自由民権運動家の軌跡』@寺崎修著A慶應義塾大学法学研究会B08年3月C264頁 22pD5200円
□『蕉門俳人の評伝と鑑賞』@中里富美雄著A渓声出版B08年3月C390頁 22pD4000円
□『江戸入浴百姿』@花咲一男著A三樹書房B08年3月C281頁 22pD2800円新装版
□『歴史に生きる日蓮』@川添昭二著A山喜房佛書林B08年3月C309頁 21pD4800円
□『みやこの近代』@丸山宏、伊從勉、高木博志編A思文閣出版B08年3月C245頁 21pD2600円
□『石山寺の信仰と歴史』@鷲尾遍隆監修・綾村宏編A思文閣出版B08年3月C168頁 21pD1800円
□『日本古代の伝承と歴史』@渡里恒信著A思文閣出版B08年3月C355頁 22pD6000円
□『山と川と海の食古代からの食文化』@春日井市教育委員会文化財課編A春日井市教育委員会B08年3月C91頁 26pD非売品
□『中先代の乱、始末 糾問歴史小説』@清水米房著A信毎書籍出版センターB08年3月C376頁 15pD952円
□『日本中世武士の時代 越後相川城の歴史』@槙道雄著A新人物往来社B08年3月C366頁 20pD2400円
□『新府城の歴史学』@萩原三雄、本中眞監修・山梨県韮崎市、韮崎市教育委員会編A新人物往来社B08年3月C355頁 20pD2400円
□『図説新選組クロニクル』@A新人物往来社B08年3月C232頁 26pD2000円
□『越後の龍謙信と上杉一族 義に生きた戦国最強の軍神』@A新人物往来社B08年3月C172頁 26pD2000円
□『東京裁判はなにを裁いたのか 判決から60年、戦犯裁判の全貌に迫る』@A新人物往来社B08年3月C175頁 26pD1800円
□『広重の東海道五十三次八十二万歩の旅』@人文社編集部企画・編集・制作A人文社B08年3月C1冊 25pD1200円
□『藤堂藩山崎戦争始末』@伊賀古文献刊行会編A清文堂出版B08年3月C366頁 22pD9000円
□『徳川家康と駿府大御所時代 図録・博物館』@静岡市経済局商工部経済事務所大御所四百年祭推進室編A静岡市経済局商工部経済事務所大御所四百年祭推進室B08年3月C191頁 30pD非売品
□『キリスト教修道制の成立』@戸田聡著A創文社B08年3月C193頁 22pD5500円
□『シルクロードの考古学』@岡内三眞編著A早稲田大学文学学術院B08年3月C121頁 21pD1300円
□『大阪城天守閣所蔵南木コレクション総目録.4』@大阪城天守閣編A大阪城天守閣特別事業委員会B08年3月C67頁 26pD非売品
□『鯖江藩の成立と展開』@竹内信夫著A竹内信夫B08年3月C636頁 22pD非売品
□『平城京遷都 女帝・皇后と「ヤマトの時代」』@千田稔著A中央公論新社B08年3月C265頁 18pD840円
□『国宝彦根屏風』@彦根城博物館、東京文化財研究所企画情報部編A中央公論美術出版B08年3月C198頁 38pD26000円
□『災 人びとのくらしと災害』@長野県立歴史館編A長野県立歴史館B08年3月C82頁 26pD非売品
□『日本人なら知っておきたい近現代史50の検証』@古賀俊昭、土屋たかゆき著・勝岡寛次監修A展転社B08年3月C222頁 19pD1500円
□『江戸の花屋敷 百花園学入門 向島百花園創設200周年記念』@A東京都公園協会B08年3月C143頁 30pD非売品
□『明治三十九年の農場日誌』@球磨農業学校農場日誌編集委員会編A同成社B08年3月C234頁 21pD2400円
□『日本文化史 写真記録』@小田切秀雄監修・近代日本文化研究会編A日本図書センターB08年3月C196頁 31pD24000円
□『新選組戊辰戦争のなかで 第三回特別展』@日野市立新選組のふるさと歴史館制作A日野市B08年3月C166頁 30pD非売品
□『図説江戸大道芸事典』@宮尾與男編著A柏書房B08年3月C507頁 22pD8800円
□『平安京都市社会史の研究』@京樂真帆子著A塙書房B08年3月C349頁 22pD8800円
□『欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活』@石川榮吉著A風響社B08年3月C252頁 20pD2500円
□『失敗の中国近代史 阿片戦争から南京事件まで』@別宮暖朗著A並木書房B08年3月C336頁 19pD2000円
□『比叡山仏教の研究』@武覚超著A法藏館B08年3月C330頁 22pD8000円
□『藩の文書管理』@人間文化研究機構国文学研究資料館編A名著出版B08年3月C372頁 22pD8000円
□『日米関係史』@五百旗頭真編A有斐閣B08年3月C400頁 22pD2400円
□『南武蔵の考古学』@福田建司著A六一書房B08年3月C192頁 図版2枚 26pD2000円
□『氷見の和船』@和船建造技術を後世に伝える会編A和船建造技術を後世に伝える会B08年3月C24頁 30pD非売品
□『平安期の願文と仏教的世界観』@工藤美和子著A佛教大学B08年3月C352頁 22pD6500円
□『明治維新史という冒険』@青山忠正著A佛教大学通信教育部B08年3月C324頁 20pD2400円
□『日本史の闇「あの暗殺事件」の意外な真相』@日本博学倶楽部著APHP研究所B08年4月C245頁 19pD476円
□『日本最初の喫茶店『可否茶館』の歴史』@星田宏司著Aいなほ書房B08年4月C8145頁 19pD1500円
□『万葉時代の人びとと政争』@木本好信著AおうふうB08年4月C211頁 19pD2200円
□『龍馬を超えた男小松帯刀』@原口泉著Aグラフ社B08年4月C254頁 19pD1300円
□『謎解き日本史詳説・古事記 つくられた日本神話と建国のイデオロギー』@衣川真澄著AパレードB08年4月C198頁 21pD1500円新版
□『謎解き日本史 古事記以降の天皇史推理』@衣川真澄著AパレードB08年4月C197頁 21pD1500円
□『安倍晴明の謎 妖魔の系譜』@岡崎いずみ著Aぶんか社B08年4月C203頁 15pD571円
□『沖縄基地問題の歴史 非武の島、戦の島』@明田川融 著Aみすず書房B08年4月C382頁 20pD4000円
□『宝塚古墳と船形埴輪』@福田哲也、松葉和也語り手A伊勢の國・松坂十樂B08年4月C48頁 21pD非売品
□『大化の改新』@海音寺潮五郎著A河出書房新社B08年4月C358頁 15pD950円
□『時代小説の勘どころ』@寺田博著A河出書房新社B08年4月C272頁 20pD1600円
□『図説日本の古墳・古代遺跡 決定版』@A学習研究社B08年4月C169頁 26pD2000円
□『図説江戸城 その歴史としくみ 決定版 超巨大城郭の実像と知られざる内幕に迫る!』@平井聖監修A学習研究社B08年4月C159頁 26pD1900円
□『土方歳三 洋装の武士として散った漢の一徹』@A学習研究社B08年4月C163頁 26pD1500円
□『「大王」の誕生』@中田興吉著A学生社B08年4月C196頁 20pD2200円
□『三輪山と日本古代史』@石野博信、上野誠、岡本健一、菅野雅雄、辰巳和弘、塚口義信、森浩一著A学生社B08年4月C226頁 20pD1980円
□『手白香皇女の生涯』@高塚タツ著A岩波ブックセンターB08年4月C163頁 19pD非売品
□『戦後写真史ノート 写真は何を表現してきたか』@飯沢耕太郎著A岩波書店B08年4月C290頁 15pD1000円増補
□『大正幻影』@川本三郎著A岩波書店B08年4月C349頁 15pD1000円
□『日本国家の形成と東アジア世界』@川勝守著A吉川弘文館B08年4月C368頁 22pD11000円
□『仏像の再発見 鑑定への道』@西村公朝著A吉川弘文館B08年4月C4432頁 20pD3800円
□『津の今昔 保存版』@小玉道明監修A郷土出版社B08年4月C147頁 37pD9500円
□『幕末史』@岡田義男著A近代史を語る会B08年4月C181頁 26pD非売品
□『銀の道を駆け抜ける 世界遺産』@原大行 著A原大行B08年4月C126頁 21pD非売品
□『古代北方世界に生きた人びと─交流と交易 展示図録』@「古代北方世界に生きた人びと─交流と交易─」実行委員会編A「古代北方世界に生きた人びと─交流と交易─」実行委員会B08年4月C71頁 30pD非売品
□『稲作渡来民「日本人」成立の謎に迫る』@池橋宏著A講談社B08年4月C264頁 19pD1700円
□『中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界』@笹本正治 著A講談社B08年4月C343頁 15pD1100円
□『江戸東京地名辞典.芸能・落語編』@北村一夫 著A講談社B08年4月C595頁 15pD1700円
□『官僚批判』@寺脇研著A講談社B08年4月C255頁 19pD1400円
□『対馬と海峡の中世史』@佐伯弘次著A山川出版社B08年4月C102頁 21pD800円
□『江戸は美味い「大江戸談義」十八番勝負』@竹内誠著A小学館B08年4月C253頁 19pD1500円
□『真実のルイ14世 神話から歴史へ』@イヴ=マリー・ベルセ著・阿河雄二郎、嶋中博章、滝澤聡子訳A昭和堂B08年4月C211頁 20pD2500円
□『朝鮮の歴史 先史から現代』@田中俊明編A昭和堂B08年4月C372頁 21pD2500円
□『捏造の世界史 人はなぜ騙されるのか』@奥菜秀次著A祥伝社B08年4月C387頁 16pD667円
□『直江兼続 新潟県人物小伝』@花ケ前盛明著A新潟日報事業社B08年4月C115頁 21pD1000円
□『良寛を歩く ふらり気ままに新潟大人の遠足』@A新潟日報事業社B08年4月C193頁 19pD1500円
□『小栗忠順のすべて』@村上泰賢編A新人物往来社B08年4月C285頁 20pD2800円
□『直江兼続のすべて』@花ヶ前盛明編A新人物往来社B08年4月C284頁 20pD2800円新装版
□『聖徳太子と日本の古代』@木村煕著A新生出版B08年4月C208頁 19pD1200円
□『戦国時代の諏訪信仰 失われた感性・習俗』@笹本正治著A新典社B08年4月C157頁 18pD1000円
□『天皇と女性霊力』@諏訪春雄著A新典社B08年4月C126頁 18pD800円
□『近衛師団参謀終戦秘史』@森下智著A森下智B08年4月C389頁 30pD非売品第5版
□『黒田官兵衛 稀代の軍師』@播磨学研究所編A神戸新聞総合出版センターB08年4月C279頁 20pD1700円
□『開国史話』@加藤祐三著A神奈川新聞社B08年4月C358頁 19pD1400円
□『王朝物語のしぐさとことば』@糸井通浩、神尾暢子編A清文堂出版B08年4月C251頁 21pD2500円
□『弥生ムラの風景 越のクニ生み・境界・交流 春季特別展』@石川県立歴史博物館編A石川県立歴史博物館B08年4月C90頁 30pD非売品
□『激突!戦国の大合戦 最強軍団がゆく』@青山誠著A双葉社B08年4月C249頁 19pD476円
□『早月川風土記』@早月川風土記の会編A早月川風土記の会B08年4月C121頁 30pD非売品
□『江戸城 本丸御殿と幕府政治』@深井雅海著A中央公論新社B08年4月C241頁 18pD760円
□『八大文明』@外村直彦著A朝日出版社B08年4月C279頁 20pD2400円
□『京都閑人帖』@長谷川和雄 著A長谷川和雄B08年4月C287頁 22pD非売品
□『津軽歳時記』@庄子茂著A津軽書房B08年4月C178頁 20pD1500円
□『古事記逆説の暗号 日本書紀を覆す反骨のカラクリ』@関裕二著A東京書籍B08年4月C250頁 19pD1500円
□『台湾と日本 激動の時代を生きた人びと』@大谷渡著A東方出版B08年4月C244頁 20pD2800円
□『近代日本の万能人・榎本武揚 1836−1908』@榎本隆充、高成田享編A藤原書店B08年4月C338頁 21pD3300円
□『歴史から学ぶ会計』@渡邉泉著A同文舘出版B08年4月C246頁 22pD3000円
□『日本食文化図書目録 江戸〜近代』@太田泰弘編A日外アソシエーツB08年4月C11552頁 22pD28000円
□『わたしの昭和 戦争と平和、そして国際交流』@片岡貴美子著A日本女子大学教育文化振興桜楓会出版部B08年4月C186頁 21pD非売品
□『風呂と日本人』@筒井功著A文藝春秋B08年4月C276頁 18pD820円
□『「邪馬台国畿内説」徹底批判 その学説は「科学的」なのか』@安本美典著A勉誠出版B08年4月C339頁 22pD2800円
□『神功皇后と天日矛の伝承』@宝賀寿男著A法令出版B08年4月C347頁 21pD2000円
□『世界最終戦争』@石原莞爾著A毎日ワンズB08年4月C283頁 19pD1500円
□『濃尾の医術 尾張藩奥医師野間家文書を中心に 名古屋大学附属図書館2008年春季特別展』@名古屋大学附属図書館・附属図書館研究開発室編A名古屋大学附属図書館・附属図書館研究開発室B08年4月C74頁 30pD非売品
□『古代史巨視考』@山中光一著A名著出版B08年4月C322頁 20pD2000円
□『日本神話解明と古代文明』@飯田正孝著A門出版B08年4月C389頁 22pD2800円増補改訂版
□『江戸屋敷三〇〇藩いまむかし 江戸と東京を散歩する』@メディアユニオン編A有楽出版社B08年4月C191頁 22pD1500円
□『イギリス帝国と帝国主義 比較と関係の視座』@木畑洋一著A有志舎B08年4月C249頁 20pD2400円
□『悠久なるシルクロードから平城京へ』@児島建次郎編・樋口隆康、山田勝久、菅谷文則 著A雄山閣B08年4月C313頁 22pD3200円
□『幕末日本の情報活動「開国」の情報史』@岩下哲典著A雄山閣B08年4月C398頁 22pD8400円改訂増補版
□『百練鉄刀とものづくり』@鈴木勉編著A雄山閣B08年4月C192頁 22pD5000円
□『鉄の時代史』@佐々木稔著A雄山閣B08年4月C235頁 22pD3600円
□『歴史人物に学ぶ男の「行き方」男の「磨き方」』@童門冬二著APHP研究所B08年5月C244頁 15pD514円
□『南雲忠一 空母機動部隊を率いた悲劇の提督』@星亮一著APHP研究所B08年5月C388頁 15pD781円
□『古代文化と聖数』@江口洌著AおうふうB08年5月C413頁 22pD15000円
□『近江路を歩いた人々 旅日記にみる』@江竜喜之著Aサンライズ出版B08年5月C223頁 19pD1200円
□『やよいのくらし』@小和田哲男監修・岡本一郎文・間瀬なおかた絵Aチャイルド本社B08年5月C32頁 31pD952円
□『図解雑学古事記と日本書紀』@武光誠著Aナツメ社B08年5月C223頁 19pD1300円
□『武士と開国』@小池喜明著Aぺりかん社B08年5月C233頁 22pD4800円
□『「日本書紀」と善光寺創建の歴史』@内田恒夫著Aほおずき書籍B08年5月C287頁 21pD非売品
□『塙保己一事歴研究 保己一に捧げた半世紀』@斎藤政雄編著A温故学会B08年5月C399頁 22pD非売品
□『江戸のしきたり 面白すぎる博学知識』@歴史の謎を探る会編A河出書房新社B08年5月C221頁 15pD514円
□『テニアンの瞳 南洋いくさ物語』@儀間比呂志文・絵A海風社B08年5月C31頁 22pD1600円
□『庶民たちの平安京』@繁田信一著A角川学芸出版B08年5月C275頁 19pD1600円
□『徳川家康 大戦略と激闘の譜』@A学習研究社B08年5月C171頁 26pD1500円
□『図解・江戸の遊び事典 決定版 江戸時代の遊びをイラストで再現』@河合敦監修A学習研究社B08年5月C151頁 26pD1900円
□『戦国の合戦』@小和田哲男著A学習研究社B08年5月C277頁 18pD790円
□『戦国武将からの手紙 乱世を生きた男たちの素顔』@吉本健二 著A学習研究社B08年5月C300頁 15pD667円
□『天皇の金塊』@高橋五郎著A学習研究社B08年5月C331頁 20pD1800円
□『中国名将列伝 起死回生の一策』@来村多加史著A学習研究社B08年5月C213頁 18pD720円
□『ドイツ空軍全史』@ウィリアムソン・マーレイ 著・手島尚訳A学習研究社B08年5月C461頁 15pD1000円
□『年表資料中世文学史』@藤平春男、井上宗雄、山田昭全、和田英道編A笠間書院B08年5月C202頁 21pD1300円新装版
□『近世社会の成熟と宿場世界』@井上攻著A岩田書院B08年5月C353頁 22pD7900円
□『古墳時代の実像』@土生田純之編A吉川弘文館B08年5月C291頁 22pD9500円
□『伊達政宗の研究』@小林清治著A吉川弘文館B08年5月C479頁 22pD12000円
□『江戸の捨て子たち その肖像』@沢山美果子著A吉川弘文館B08年5月C196頁 19pD1700円
□『贈答と宴会の中世』@盛本昌広著A吉川弘文館B08年5月C224頁 19pD1700円
□『激闘箱館新選組 箱館戦争史跡紀行』@近江幸雄著A近江幸雄B08年5月C125頁 30pD非売品
□『大砲入門 陸軍兵器徹底研究』@佐山二郎著A光人社B08年5月C431頁 16pD924円新装版
□『中世の社寺と信仰 勧進と勧進聖の時代』@太田直之著A弘文堂B08年5月C400頁 22pD6000円
□『女帝と道鏡 天平末葉の政治と文化』@北山茂夫 著A講談社B08年5月C219頁 15pD800円
□『マリー・アントワネットとフェルセン、真実の恋』@川島ルミ子 著A講談社B08年5月C206頁 16pD648円
□『江戸の刑罰拷問大全』@大久保治男 著A講談社B08年5月C296頁 16pD838円
□『狩猟と編み籠』@中沢新一著A講談社B08年5月C325頁 20pD1900円
□『野口英世 波乱の生涯』@星亮一著A三修社B08年5月C247頁 20pD1800円
□『越前朝倉氏の研究』@松原信之著A三秀舎B08年5月C636頁 22pD12000円
□『経筒が語る中世の世界』@小田富士雄、平尾良光、飯沼賢司共編A思文閣出版B08年5月C226頁 26pD4800円
□『武者の世の生と死』@樋口州男著A新人物往来社B08年5月C252頁 20pD2800円
□『律令体制を支えた地方官衙・弥勒寺遺跡群』@田中弘志著A新泉社B08年5月C93頁 21pD1500円
□『天下の副将軍 水戸藩から見た江戸三百年』@長山靖生著A新潮社B08年5月C239頁 20pD1200円
□『甘粕正彦乱心の曠野』@佐野眞一著A新潮社B08年5月C475頁 20pD1900円
□『アメリカ不服従の伝統「明白な天命」と反戦』@池上日出夫著A新日本出版社B08年5月C190頁 20pD2200円
□『餓死一揆碑めぐり追録』@杉山勝 著A杉山勝B08年5月C227頁 20pD非売品
□『中世終焉 秀吉の太田城水攻めを考える』@海津一朗編A清文堂出版B08年5月C217頁 19pD1900円
□『松平定信政権と寛政改革』@高澤憲治著A清文堂出版B08年5月C500頁 22pD11500円
□『律令期陵墓の成立と都城』@今尾文昭著A青木書店B08年5月C399頁 22pD5500円
□『昭和史疑』@山地悠一郎著A叢文社B08年5月C194頁 19pD1500円
□『伏流する古代』@西村亨著A大修館書店B08年5月C261頁 20pD2200円
□『象徴天皇制と皇位継承』@笠原英彦著A筑摩書房B08年5月C215頁 18pD700円
□『軍国昭和東京庶民の楽しみ』@青木宏一郎著A中央公論新社B08年5月C394頁 20pD2900円
□『生産と技術の考古学』@高濱秀編A朝倉書店B08年5月C232頁 21pD4300円
□『大東亜共栄圏と国語政策』@保科孝一著A冬至書房B08年5月C464頁 22pD非売品
□『天皇・天皇制をよむ』@歴史科学協議会編 ; 木村茂光、山田朗監修A東京大学出版会B08年5月C276頁 21pD2800円
□『日本憲政史』@坂野潤治著A東京大学出版会B08年5月C218頁 22pD3500円
□『家紋の事典』@千鹿野茂監修・高澤等著A東京堂出版B08年5月C358頁 23pD4000円
□『倭の比較考古学』@川西宏幸著A同成社B08年5月C384頁 22pD8500円
□『明治三庚午年阿部興人日誌 庚午事変若き首謀者の記録』@阿部興人著・徳島の古文書を読む会一班編A徳島の古文書を読む会一班B08年5月C360頁 26pD非売品
□『百姓の力 江戸時代から見える日本』@渡辺尚志著A柏書房B08年5月C243頁 20pD2200円
□『新渡戸稲造と教育』@八木橋鉄弘著A八木橋鉄弘B08年5月C153頁 22pD非売品
□『北条時宗の時代』@北条氏研究会編A八木書店B08年5月C807頁 22pD18000円
□『幻の鎌倉』@宇苗満著A批評社B08年5月C164頁 22pD2000円
□『暗殺の政治史 権力による殺人の掟』@リチャード・ベルフィールド著・徳川家広訳A扶桑社B08年5月C383頁 20pD2200円
□『「魏志倭人伝」「隋書倭国伝」の地名が語る記紀の虚構』@丸山清治著A文芸社B08年5月C106頁 19pD1100円
□『おもしろ古典逸話集』@石井秀夫著A文芸社B08年5月C220頁 19pD1300円
□『蘇我氏の古代史 謎の一族はなぜ滅びたのか』@武光誠著A平凡社B08年5月C253頁 18pD760円
□『戦国史の怪しい人たち 天下人から忍者まで』@鈴木眞哉著A平凡社B08年5月C225頁 18pD760円
□『将軍家御典医の娘が語る江戸の面影』@安藤優一郎著A平凡社B08年5月C197頁 18pD700円
□『昭和陸軍の将校運動と政治抗争』@竹山護夫著A名著刊行会B08年5月C332頁 20pD3200円
□『東アジア青銅器の系譜』@春成秀爾、西本豊弘編A雄山閣B08年5月C161頁 30pD3200円
□『軍需物資から見た戦国合戦』@盛本昌広著A洋泉社B08年5月C222頁 18pD780円
□『平安僧兵奮戦記』@川村一彦著A歴研B08年5月C95頁 21pD800円
□『平安文学の環境 後宮・俗信・地理』@加納重文著A和泉書院B08年5月C685頁 22pD12000円
□『誇り高き日本人 国の命運を背負った岩倉使節団の物語』@泉三郎著APHPエディターズ・グループB08年6月C613頁 20pD2600円
□『歴代天皇列伝 日本人なら知っておきたい「国家の歴史」』@八幡和郎著APHP研究所B08年6月C343頁 19pD1500円
□『真田幸村 十文字槍の天才軍師』@戦国歴史研究会著APHP研究所B08年6月C223頁 19pD476円
□『島左近 仁義の智将』@戦国歴史研究会著APHP研究所B08年6月C223頁 19pD476円
□『島津義弘 慈悲深き鬼』@戦国歴史研究会著APHP研究所B08年6月C223頁 19pD476円
□『直江兼続 智勇兼備の愛武将』@戦国歴史研究会著APHP研究所B08年6月C223頁 19pD476円
□『本多忠勝 無傷の大槍』@戦国歴史研究会著APHP研究所B08年6月C223頁 19pD476円
□『前田慶次 天下一の傾奇者』@戦国歴史研究会著APHP研究所B08年6月C223頁 19pD476円
□『戦国武将・人気のウラ事情』@鈴木眞哉著APHP研究所B08年6月C237頁 18pD720円
□『暗殺の世界史 シーザー、坂本龍馬からケネディ、朴正煕まで』@大澤正道著APHP研究所B08年6月C315頁 15pD619円
□『漫画お江戸の風俗帳 長屋の生活から大奥の秘密まで』@金森健生著APHP研究所B08年6月C237頁 15pD533円
□『家紋から日本の歴史をさぐる』@インデックス編集部編著Aごま書房B08年6月C230頁 21pD1600円新版
□『超古代日本の神ながら正統史』@酒井由夫著・山本根菜編AヤマトランスB08年6月C250頁 19pD2100円改訂版
□『戦いの三六六日 戦争に学ぶ人生必勝の法則』@柘植久慶著Aランダムハウス講談社B08年6月C493頁 19pD1800円
□『近代日本の分岐点 日露戦争から満州事変前夜まで』@深津真澄著AロゴスB08年6月C238頁 22pD2600円
□『沖縄戦の全学徒隊』@沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会立ひめゆり平和祈念資料館編A沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会立ひめゆり平和祈念資料館B08年6月C257頁 30pD非売品
□『日本史意外すぎる、この結末! 歴史のその後にドラマあり!』@歴史の謎を探る会編A河出書房新社B08年6月C254頁 19pD476円
□『中世の村のかたちと暮らし』@原田信男著A角川学芸出版B08年6月C260頁 19pD1600円
□『知っておきたい「味」の世界史』@宮崎正勝 著A角川学芸出版B08年6月C189頁 15pD552円
□『「特攻」と遺族の戦後』@宮本雅史 著A角川学芸出版B08年6月C287頁 15pD705円
□『戦国名物家臣列伝』@川口素生 著A学習研究社B08年6月C321頁 15pD667円
□『幕末諸隊録 崛起する草莽、結集する志士』@A学習研究社B08年6月C171頁 26pD1500円
□『地域のなかの古代史』@野田嶺志編A岩田書院B08年6月C248頁 21pD2800円
□『戦国期今川氏の領域と支配』@大久保俊昭著A岩田書院B08年6月C303頁 22pD6900円
□『海に沈んだ対馬丸 子どもたちの沖縄戦』@早乙女愛著A岩波書店B08年6月C190頁 18pD740円
□『江戸の武家名鑑 武鑑と出版競争』@藤實久美子著A吉川弘文館B08年6月C232頁 19pD1700円
□『邪馬台国と地域王国』@門脇禎二著A吉川弘文館B08年6月C327頁 20pD2800円
□『明治日本と万国博覧会』@伊藤真実子著A吉川弘文館B08年6月C219頁 22pD7000円
□『古代の王権祭祀と自然』@三宅和朗著A吉川弘文館B08年6月C359頁 22pD12000円
□『中世公武新制の研究』@佐々木文昭著A吉川弘文館B08年6月C308頁 22pD10000円
□『幕府と朝廷』@五味文彦、本郷和人編A吉川弘文館B08年6月C232頁 20pD2200円
□『足利義持』@伊藤喜良著A吉川弘文館B08年6月C279頁 19pD2000円
□『出雲・雲南ふるさと大百科 決定版』@A郷土出版社B08年6月C231頁 31pD9500円
□『幕末の外交官森山栄之助』@江越弘人著A弦書房B08年6月C185頁 19pD1800円
□『日米もし戦わば 戦前戦中の「戦争論」を読む』@北村賢志著A光人社B08年6月C324頁 19pD1800円
□『三国志傑物伝』@三好徹著A光文社B08年6月C429頁 16pD705円
□『榎本武揚シベリア日記』@榎本武揚 著・講談社編A講談社B08年6月C360頁 15pD1150円
□『空の戦争史』@田中利幸著A講談社B08年6月C253頁 18pD740円
□『日本史のおさらい』@山田淳一著A自由国民社B08年6月C191頁 19pD1200円
□『古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実』@関裕二著A主婦と生活社B08年6月C223頁 19pD950円
□『大名屋敷の謎』@安藤優一郎著A集英社B08年6月C204頁 18pD700円
□『江戸名物を歩く』@佐藤孔亮著A春秋社B08年6月C228頁 21pD1900円
□『松浦党研究の歩み』@松浦党研究連合会編A松浦党研究連合会B08年6月C118頁 26pD非売品
□『本当は怖ろしい万葉集 壬申の乱編』@小林惠子著A祥伝社B08年6月C251頁 16pD571円
□『倭の五王の実像』@石渡信一郎著A信和書房B08年6月C161頁 21pD1500円
□『戦国武将事典 乱世を生きた830人』@吉田龍司、相川司、川口素生、清水昇著A新紀元社B08年6月C379頁 21pD1900円
□『新編武田信玄のすべて』@柴辻俊六編A新人物往来社B08年6月C407頁 20pD3800円
□『処女の文化史』@アンケ・ベルナウ著・1夏目幸子訳A新潮社B08年6月C233頁 20pD1400円
□『古文書にかいま見る江戸時代の寺方村』@光石知恵子監修A森屋誠B08年6月C83頁 21pD非売品
□『川口放送所占拠事件秘史』@森下智著A森下智B08年6月C122頁 30pD非売品
□『近代の古蹟空間と日朝関係 倭城・顕彰・地域社会』@太田秀春著A清文堂出版B08年6月C258頁 22pD5800円
□『義経伝説を訪ねて』@円山義一著A生生会B08年6月C339頁 23pD非売品
□『日本と世界の「近現代史」がこの一冊でわかる! 知っておきたい歴史の常識』@歴史の謎研究会編A青春出版社B08年6月C237頁 19pD476円
□『戦国軍師の知略 将を動かし勝機を掴む』@中江克己著A青春出版社B08年6月C188頁 18pD730円
□『歴史地図本大江戸探訪 知る味わう愉しむ』@歴史探訪倶楽部編A大和書房B08年6月C94頁 26pD1500円
□『「海洋国家」日本の戦後史』@宮城大蔵著A筑摩書房B08年6月C231頁 18pD720円
□『数字で読み解く日本史の謎』@河合敦著A中央公論新社B08年6月C234頁 20pD1500円
□『広田弘毅「悲劇の宰相」の実像』@服部龍二著A中央公論新社B08年6月C296頁 18pD860円
□『戦う村の民俗を行く』@藤木久志著A朝日新聞出版B08年6月C309頁 19pD1300円
□『飛鳥への道 大王家と古代の豪族』@大西雅子著A東京図書出版会B08年6月C223頁 19pD1400円
□『奈良の地名由来辞典』@池田末則編A東京堂出版B08年6月C310頁 20pD2800円
□『江戸時代の古文書を読む.天保の改革』@徳川黎明会徳川林政史研究所監修・竹内誠、深井雅海、太田尚宏、白根孝胤著A東京堂出版B08年6月C147頁 26pD2400円
□『千社札にみる江戸の社会』@滝口正哉著A同成社B08年6月C237頁 20pD2500円
□『GHQ焚書図書開封 米占領軍に消された戦前の日本』@西尾幹二著A徳間書店B08年6月C339頁 20pD1700円
□『古都異変 京奈和自動車道と平城遷都1300年祭を問う』@高速道路から世界遺産平城京を守る会、奈良自治体問題研究所編A奈良自治体問題研究所B08年6月C107頁 21pD非売品
□『ナイチンゲールは統計学者だった! 統計の人物と歴史の物語』@丸山健夫著A日科技連出版社B08年6月C134頁 21pD1800円
□『近代日本の鉄道構想』@老川慶喜著A日本経済評論社B08年6月C284頁 21pD2500円
□『日本食物史 写真記録』@食糧庁監修・永山久夫編著A日本図書センターB08年6月C164頁 31pD24000円
□『日本人物史 写真記録』@A日本図書センターB08年6月C297頁 31pD24000円
□『石原莞爾の時代 時代精神の体現者たち』@田中秀雄著A芙蓉書房出版B08年6月C257頁 19pD1900円
□『石原莞爾と小澤開作 民族協和を求めて』@田中秀雄著A芙蓉書房出版B08年6月C275頁 19pD1900円
□『日本列島渡来民族』@稲田倍穗著A文芸社B08年6月C168頁 20pD1300円
□『明治のサムライ「武士道」新渡戸稲造、軍部とたたかう』@太田尚樹著A文藝春秋B08年6月C251頁 18pD800円
□『真日本タブー事件史』@別冊宝島編集部編A宝島社B08年6月C221頁 16pD438円
□『戊辰戦争出羽戦線記 澤為量・奥羽鎮撫副総督の征討記録から』@神宮滋編著A無明舎出版B08年6月C211頁 21pD2000円
□『古代東国地域史論』@松尾昌彦著A雄山閣B08年6月C280頁 22pD6800円
□『「食のルーツ」なるほど面白事典』@日本博学倶楽部著APHP研究所B08年7月C215頁 15pD476円
□『日露戦争の人物がよくわかる本 あの名将・愚将の意外な「その後」』@日本博学倶楽部著APHP研究所B08年7月C236頁 19pD476円
□『幕末維新埼玉人物列伝』@小高旭之著Aさきたま出版会B08年7月C367頁 21pD2000円
□『クラウゼヴィッツのナポレオン戦争従軍記』@クラウゼヴィッツ著・金森誠也訳Aビイング・ネット・プレスB08年7月C185頁 20pD2200円
□『沈黙する女王の鏡』@関裕二著Aポプラ社B08年7月C222頁 19pD1300円
□『経済衰退の歴史学 イギリス衰退論争の諸相』@R・イングリッシュ、M・ケニー編著・川北稔訳Aミネルヴァ書房B08年7月C421頁 22pD6000円
□『文化と社会』@レイモンド・ウィリアムズ著・若松繁信、長谷川光昭訳Aミネルヴァ書房B08年7月C289頁 22pD6000円
□『江州中井家帖合の法』@小倉榮一郎著Aミネルヴァ書房B08年7月C264頁 22pD10000円
□『群馬県兵士のみた日露戦争』@丑木幸男著Aみやま文庫B08年7月C231頁 19pD非売品
□『幕末維新の文人と志士たち』@徳田武著Aゆまに書房B08年7月C253頁 22pD3800円
□『戦争の世界史大図鑑』@R・G・グラント編著・樺山紘一日本語版総監修・マーリンアームズ株式会社訳・エス・プロジェクト日本語版編集A河出書房新社B08年7月C360頁 31pD13800円
□『図説満州帝国の戦跡』@太平洋戦争研究会編・水島吉隆著A河出書房新社B08年7月C127頁 22pD1800円
□『回天の群像』@宮本雅史著A角川学芸出版B08年7月C230頁 20pD1600円
□『図説よみがえる名城白亜の巨郭徳川の城 決定版』@加藤理文、溝口彰啓、戸塚和美、多田暢久、松岡利郎、森島康雄、大島慎一、玉川里子執筆A学習研究社B08年7月C143頁 26pD1500円
□『昭和天皇・マッカーサー会見』@豊下楢彦著A岩波書店B08年7月C240頁 15pD1000円
□『紫禁城 清朝の歴史を歩く』@入江曜子著A岩波書店B08年7月C222頁 18pD740円
□『継体天皇の時代 徹底討論今城塚古墳』@高槻市教育委員会編A吉川弘文館B08年7月C225頁 20pD2600円
□『唐王朝と古代日本』@榎本淳一著A吉川弘文館B08年7月C286頁 22pD10000円
□『幕末維新期の社会変革と群像』@田中正弘著A吉川弘文館B08年7月C350頁 22pD11000円
□『律令官人制と地域社会』@中村順昭著A吉川弘文館B08年7月C354頁 22pD11000円
□『大飢饉、室町社会を襲う!』@清水克行著A吉川弘文館B08年7月C215頁 19pD1700円
□『応仁・文明の乱』@石田晴男著A吉川弘文館B08年7月C299頁 20pD2500円
□『検証島原天草一揆』@大橋幸泰著A吉川弘文館B08年7月C196頁 19pD1700円
□『帝室技芸員と一九〇〇年パリ万国博覧会』@宮内庁三の丸尚蔵館編A宮内庁B08年7月C99頁 29pD非売品
□『戦後開拓考』@弓庭登著A弓庭登B08年7月C201頁 19pD2000円
□『ふるさと小千谷・魚沼・南魚沼 保存版 懐かしい写真でつづる決定版写真集!』@A郷土出版社B08年7月C239頁 31pD9500円
□『抵抗人名録 私が選んだ77人』@佐高信著A金曜日B08年7月C242頁 19pD1400円
□『誰も言わなかった海軍の失敗』@是本信義著A光人社B08年7月C229頁 19pD1700円
□『帝国海軍下士官兵入門 ジョンベラ気質徹底研究』@雨倉孝之著A光人社B08年7月C361頁 16pD829円
□『皇帝の閑暇 西洋中世奇譚集成』@ティルベリのゲルウァシウス作・池上俊一訳A講談社B08年7月C296頁 15pD1000円
□『東條英機天皇を守り通した男』@福冨健一著A講談社B08年7月C279頁 20pD1600円
□『官僚との死闘七〇〇日』@長谷川幸洋著A講談社B08年7月C285頁 20pD1700円
□『武道の歴史とその精神』@A国際武道大学武道・スポーツ科学研究所B08年7月C180頁 19pD非売品
□『兵と農の分離』@吉田ゆり子著A山川出版社B08年7月C102頁 21pD800円
□『大名屋敷と江戸遺跡』@宮崎勝美著A山川出版社B08年7月C101頁 21pD800円
□『南北朝期公武関係史の研究』@森茂暁著A思文閣出版B08年7月C573頁 22pD9000円増補改訂
□『江戸期文化人の死因』@杉浦守邦著A思文閣出版B08年7月C324頁 21pD2500円
□『室町期東国社会と寺社造営』@小森正明著A思文閣出版B08年7月C310頁 22pD7000円
□『本願念仏の系譜 法然上人から蓮如上人へ』@村上宗博、足立幸子著A真宗興隆会B08年7月C340頁 20pD非売品
□『西洋余暇思想史』@瀬沼克彰著A世界思想社B08年7月C236頁 19pD1900円
□『武家編年事典』@稲垣史生編A青蛙房B08年7月C725頁 20pD5700円新装版
□『旅の風俗史』@富田昭次著A青弓社B08年7月C186頁 21pD2000円
□『図説世界があっと驚く江戸の元祖エコ生活』@菅野俊輔監修A青春出版社B08年7月C95頁 26pD1000円
□『三国志 英雄と闘い』@青山誠著A双葉社B08年7月C249頁 19pD476円
□『砂糖のまち、堺筋 江戸時代の砂糖流通 平成20年度夏季企画展』@大阪市立海洋博物館なにわの海の時空館編A大阪市立海洋博物館なにわの海の時空館B08年7月C77頁 30pD非売品
□『甲骨文字に歴史をよむ』@落合淳思著A筑摩書房B08年7月C228頁 18pD720円
□『幕末維新と佐賀藩 日本西洋化の原点』@毛利敏彦著A中央公論新社B08年7月C226頁 18pD760円
□『開戦神話 対米通告はなぜ遅れたのか』@井口武夫著A中央公論新社B08年7月C267頁 20pD2000円
□『学歴・階級・軍隊 高学歴兵士たちの憂鬱な日常』@高田里惠子著A中央公論新社B08年7月C320頁 18pD880円
□『ローマ盛衰原因論』@モンテスキュー著・井上幸治訳A中央公論新社B08年7月C225頁 18pD1350円
□『坂本龍馬言行ノート 日本を洗濯する』@森友幸照著A中経出版B08年7月C255頁 15pD571円
□『不敗の農民運動家矢後嘉蔵 生涯と事績』@北山郁子編A刀水書房B08年7月C510頁 図版20頁 22pD7000円
□『化石でたどる生命の歴史』@A島根県立三瓶自然館B08年7月C64頁 30pD非売品
□『日本家系・系図大事典』@奥富敬之著A東京堂出版B08年7月C1181頁 23pD12000円
□『台風・気象災害全史』@宮澤清治、日外アソシエーツ編集部編A日外アソシエーツB08年7月C477頁 21pD9333円
□『大久保利通 国権の道は経済から』@落合功著A日本経済評論社B08年7月C242頁 20pD2500円
□『世界陰謀史事典』@ジョエル・レヴィ著・下隆全訳A柏書房B08年7月C321頁 20pD2800円
□『テロリズム 歴史・類型・対策法』@J=F・ゲイロー、セナ著・私市正年訳A白水社B08年7月C162頁 18pD1050円
□『満州開拓民悲史 碑が、土塊が、語りかける』@高橋健男著A批評社B08年7月C368頁 20pD3000円
□『DNA文化と天皇制 日本文化の本質にせまる』@松信八十男著A文芸社B08年7月C227頁 20pD1600円
□『国旗・国歌の世界地図』@21世紀研究会編著A文藝春秋B08年7月C413頁 18pD1000円
□『戦後ジャーナリズム事件史』@別冊宝島編集部編A宝島社B08年7月C254頁 16pD476円
□『一九四五年夏満州 七虎力の惨劇』@こちまさこ著A北星社B08年7月C195頁 20pD1900円
□『昭和疾風録』@西田實雄著A郵研社B08年7月C210頁 21pD非売品
□『中世京都の軌跡 道長と義満をつなぐ首都のかたち』@鋤柄俊夫著A雄山閣B08年7月C172頁 21pD2800円
□『祭祀考古学の研究』@大平茂著A雄山閣B08年7月C288頁 27pD12000円
□『史疑徳川家康』@村岡素一郎原著・榛葉英治著A雄山閣B08年7月C238頁 20pD2400円新版
□『日本近世の起源 戦国乱世から徳川の平和へ』@渡辺京二著A洋泉社B08年7月C332頁 18pD1800円
□『沖縄列伝 戦後史の証言者たち』@琉球新報社編著A琉球新報社B08年7月C398頁 21pD2190円
□『戦国武将検定 戦国の英傑たちの素顔を、どこまで知っているか?』@戦国検定委員会編A廣済堂出版B08年7月C260頁 19pD476円
□『日本海軍運命を分けた20の決戦』@太平洋戦争研究会著APHP研究所B08年8月C363頁 15pD667円
□『京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習まで』@京都ゆうゆう倶楽部著APHP研究所B08年8月C189頁 15pD438円
□『皇統保守』@竹田恒泰、八木秀次著APHP研究所B08年8月C229頁 20pD1500円
□『伊勢・熊野路を歩く 癒しと御利益の聖地巡り』@森本剛史、山野肆朗著AウェッジB08年8月C159頁 21pD1800円
□『大正期の家庭生活』@湯沢雍彦編Aクレス出版B08年8月C299頁 21pD2000円
□『篤姫の謎 大奥魔物語 大河ドラマ篤姫が100倍面白くなる本!』@武山憲明著Aぶんか社B08年8月C255頁 19pD552円
□『相楽総三・赤報隊史料集』@西澤朱実編Aマツノ書店B08年8月C1冊 22pD非売品
□『西洋の歴史基本用語集 古代・中世編』@朝治啓三編Aミネルヴァ書房B08年8月C294頁 19pD2200円
□『東海道人物志』@大須賀鬼卵著・賀莚雲集録A羽衣出版B08年8月C138頁 21pD3333円復刻版
□『明治・大正人の朝から晩まで これが100年前の日本人の暮らしぶり』@素朴な疑問探究会編A河出書房新社B08年8月C221頁 15pD514円
□『図説浮世絵に見る江戸の一日』@佐藤要人、高橋雅夫監修・藤原千恵子編A河出書房新社B08年8月C127頁 22pD1800円新装版
□『虐殺の世界史 封印された闇の歴史は本当はこんなに恐ろしい!』@歴史の謎を探る会編A河出書房新社B08年8月C254頁 19pD476円
□『卑弥呼女王国と日本国の始まり 九州起源の日本国』@田島代支宣著A海鳥社B08年8月C227頁 21pD2000円
□『憂国の海戦譜 ミッドウェイ上陸』@天宮謙輔著A学習研究社B08年8月C264頁 18pD900円
□『ヒットラーと鉄十字の鷲 WW2ドイツ空軍戦記』@サミュエル・w・ミッチャム著・手島尚訳A学習研究社B08年8月C601頁 15pD1200円
□『大清帝国「東洋の獅子」の栄光と落日』@A学習研究社B08年8月C183頁 26pD1500円
□『教師の戦争体験の記録 不再戦 散る櫻残る桜も散る櫻』@岩手県一関国民教育研究所編A岩手県一関国民研究所B08年8月C321頁 15pD非売品改訂版
□『今川義元』@有光友學著A吉川弘文館B08年8月C318頁 19pD2100円
□『仮名手本忠臣蔵を読む』@服部幸雄編A吉川弘文館B08年8月C249頁 20pD2800円
□『近世都市空間の関係構造』@岩本馨著A吉川弘文館B08年8月C314頁 22pD9500円
□『馬冑が来た道 古代東国研究の新視点』@金井塚良一著A吉川弘文館B08年8月C653頁 22pD16000円
□『日清戦争』@原田敬一著A吉川弘文館B08年8月C298頁 20pD2500円
□『義和団戦争と明治国家』@小林一美著A汲古書院B08年8月C636頁 22pD12000円増補
□『写真が語る日本空襲』@工藤洋三、奥住喜重編著A現代史料出版B08年8月C203頁 24pD2800円
□『最強戦闘機伝説 戦闘機の誕生から現代まで』@阿施光南著A光人社B08年8月C329頁 16pD762円
□『原爆で死んだ米兵秘史』@森重昭著A光人社B08年8月C250頁 20pD2000円
□『「女帝」誕生の謎 古代史に見る女性天皇』@関裕二著A講談社B08年8月C222頁 19pD1400円
□『ヨーロッパ人の見た幕末使節団』@鈴木健夫、ポール・スノードン、ギュンター・ツォーベル著A講談社B08年8月C271頁 15pD960円
□『大本営発表という権力』@保阪正康 著A講談社B08年8月C258頁 15pD552円
□『名将がいて、愚者がいた』@中村彰彦 著A講談社B08年8月C394頁 15pD695円
□『病が語る日本史』@酒井シヅ著A講談社B08年8月C332頁 15pD1050円
□『九代将軍は女だった! 平成になって覆された江戸の歴史』@古川愛哲著A講談社B08年8月C204頁 18pD800円
□『信長の城下町』@仁木宏、松尾信裕編A高志書院B08年8月C304頁 21pD3000円
□『占領・復興期の日米関係』@佐々木隆爾著A山川出版社B08年8月C112頁 21pD800円
□『ムガル帝国時代のインド社会』@小名康之著A山川出版社B08年8月C90頁 21pD729円
□『「満洲国」とは何だったのか 日中共同研究』@植民地文化学会、中国東北淪陥14年史総編室共編A小学館B08年8月C335頁 22pD3400円
□『足尾鐵道の一世紀 難問続出の敷設計画から「わたらせ渓谷鐵道」まで120年の物語 写真集』@小野崎敏、川嶋伸行、古美門佳一郎編著A新樹社B08年8月C188頁 31pD3800円
□『クロニクル高杉晋作の29年』@一坂太郎著A新人物往来社B08年8月C275頁 21pD1800円
□『徹底図解大奥 カラー版 将軍のために用意された秘密の空間』@榎本秋著A新星出版社B08年8月C191頁 21pD1500円
□『「弥生時代」の発見・弥生町遺跡』@石川日出志著A新泉社B08年8月C93頁 21pD1500円
□『ヤマトの王墓・桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳』@千賀久著A新泉社B08年8月C93頁 21pD1500円
□『兵隊たちの陸軍史』@伊藤桂一著A新潮社B08年8月C425頁 16pD629円
□『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』@梯久美子著A新潮社B08年8月C302頁 16pD476円
□『阿片王 満州の夜と霧』@佐野眞一著A新潮社B08年8月C575頁 16pD781円
□『気骨の判決 東條英機と闘った裁判官』@清永聡著A新潮社B08年8月C203頁 18pD680円
□『「靖国」と日本の戦争』@岩井忠熊著A新日本出版社B08年8月C172頁 20pD1800円
□『フランスの歴史』@ロジャー・プライス著・河野肇訳A創土社B08年8月C552頁 20pD4300円
□『連合艦隊のすべて 大迫力CGで見る太平洋戦争!』@A双葉社B08年8月C249頁 19pD476円
□『寺社勢力の中世 無縁・有縁・移民』@伊藤正敏著A筑摩書房B08年8月C254頁 18pD760円
□『戦争と天皇と三島由紀夫』@保阪正康、半藤一利、松本健一、原武史、冨森叡児著A朝日新聞出版B08年8月C261頁 15pD520円
□『天皇の玉音放送』@小森陽一著A朝日新聞出版B08年8月C316頁 15p・CD枚D1000円
□『メソポタミアからの知的伝承 洪水の向こう側』@佐々木光俊著A鼎書房B08年8月C208頁 20pD2000円
□『教科書には出てこない江戸時代 将軍・武士たちの実像』@山本博文著A東京書籍B08年8月C231頁 20pD1600円
□『江戸時代の庄内を彩った人たち』@本間勝喜著A東北出版企画B08年8月C355頁 19pD1900円
□『新説元気が湧く日本の歴史』@伊藤洋一著A東洋出版B08年8月C301頁 19pD1524円
□『戦後政治体制の起源 吉田茂の「官邸主導」』@村井哲也著A藤原書店B08年8月C348頁 22pD4800円
□『東北アジアの初期農耕文化と社会』@甲元眞之著A同成社B08年8月C473頁 22pD9500円
□『特別攻撃隊全史』@特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会編A特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会B08年8月C474頁 27pD非売品
□『戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ』@野中郁次郎、戸部良一、鎌田伸一、寺本義也、杉之尾宜生、村井友秀著A日本経済新聞出版社B08年8月C473頁 15pD900円
□『黒田官兵衛「吾れは中才」史話 勘解由次官黒田官兵衛孝高如水圓清』@福田要編著A播磨の黒田武士顕彰会・事務局B08年8月C291頁 22pD非売品改訂版
□『「武功夜話」異聞 偽書『武功夜話』の徹底検証』@勝村公著A批評社B08年8月C187頁 20pD2000円
□『アメリカ空軍の歴史と戦略』@源田孝著・戦略研究学会編・石津朋之監修A芙蓉書房出版B08年8月C204頁 21pD1900円
□『五海道中細見記』@大城屋良助著A文化歴史資料館風土誌料研究所B08年8月C1冊(ページ付なし)19pD非売品
□『歴史のかげにグルメあり』@黒岩比佐子著A文藝春秋B08年8月C254頁 18pD800円
□『ホモセクシャルの世界史』@海野弘著A文藝春秋B08年8月C623頁 16pD952円
□『戦国武将最期の瞬間!』@別冊宝島編集部編A宝島社B08年8月C252頁 16pD457円
□『北海道の捕虜収容所 もう一つの戦争責任』@白戸仁康著A北海道新聞社B08年8月C350頁 19pD1400円
□『九鬼隆一の研究 隆一・波津子・周造』@高橋眞司著A未來社B08年8月C352頁 22pD6800円
□『小田原地方の本土決戦』@香川芳文著A夢工房B08年8月C152頁 19pD1200円
□『東アジアの儀礼と宗教』@吾妻重二、二階堂善弘編A雄松堂出版B08年8月C425頁 22pD12000円
□『岸和田古城から城下町へ 中世・近世の岸和田』@大澤研一、仁木宏編A和泉書院B08年8月C250頁 20pD3700円
□『浜田城炎ゆ 長州戦争と松平武聰』@小寺雅夫著A溪水社B08年8月C196頁 20pD1800円
□『古代史家よりみた万葉集』@大久保一郎著A溪水社B08年8月C339頁 20pD3800円
□『朝香宮家に生まれて 侯爵夫人・鍋島紀久子が見た激動の時代』@北風倚子著APHP研究所B08年9月C217頁 20pD1400円
□『「図説」日本の魔界地図 地図が語る闇の日本史』@志村有弘監修APHP研究所B08年9月C221頁 19pD476円愛蔵版
□『戦国合戦・15のウラ物語』@河合敦著APHP研究所B08年9月C202頁 18pD700円
□『聖徳太子はだれに殺されたのか』@関裕二著Aポプラ社B08年9月C228頁 19pD1300円
□『外交儀礼から見た幕末日露文化交流史 描かれた相互イメージ・表象』@生田美智子著Aミネルヴァ書房B08年9月C378頁 22pD6500円
□『北部九州弥生・古墳社会の展開 邪馬台国への道のり』@井上裕弘著A梓書院B08年9月C285頁 図版4頁 22pD2667円
□『江戸に学ぶ「おとな」の粋』@神崎宣武 著A角川学芸出版B08年9月C221頁 15pD590円
□『英傑の日本史 源平争乱編』@井沢元彦著A角川学芸出版B08年9月C311頁 15pD552円
□『江戸の橋』@鈴木理生 著A角川学芸出版B08年9月C302頁 15pD705円
□『謎解き古代飛鳥の真相』@中村修也 著A学習研究社B08年9月C347頁 15pD667円
□『新説桶狭間合戦 知られざる織田・今川七〇年戦争の実相』@橋場日月著A学習研究社B08年9月C253頁 18pD740円
□『文明開化失われた風俗』@百瀬響著A吉川弘文館B08年9月C211頁 19pD1700円
□『万葉集を読む』@古橋信孝編A吉川弘文館B08年9月C283頁 20pD2800円
□『古事記の歴史意識』@矢嶋泉著A吉川弘文館B08年9月C247頁 19pD1800円
□『鎌倉幕府軍制と御家人制』@高橋典幸著A吉川弘文館B08年9月C314頁 22pD9500円
□『吾妻鏡必携』@関幸彦、野口実編A吉川弘文館B08年9月C335頁 20pD3600円
□『歴史に学ぶ地域再生 中国地域の経世家たち』@中国地方総合研究センター編A吉備人出版B08年9月C260頁 19pD1400円
□『正史三國志群雄銘銘傳』@坂口和澄著A光人社B08年9月C734頁 22pD3800円増補版
□『室町記』@山崎正和 著A講談社B08年9月C260頁 16pD1400円
□『東アジア世界の歴史』@堀敏一著A講談社B08年9月C356頁 15pD1150円
□『隋唐世界帝国の形成』@谷川道雄 著A講談社B08年9月C254頁 15pD900円
□『女装と日本人』@三橋順子著A講談社B08年9月C373頁 18pD900円
□『原爆投下とトルーマン』@J.サミュエル・ウォーカー著・林義勝監訳A彩流社B08年9月C206頁 20pD1900円
□『昭和天皇三十二の佳話 天気予報と空襲警報下の四方拝』@加瀬英明著A実業之日本社B08年9月C207頁 18pD762円
□『時刻表世界史 時代を読み解く陸海空143路線』@曽我誉旨生著A社会評論社B08年9月C511頁 21pD2800円
□『韓国併合と日本軍憲兵隊 韓国植民地化過程における役割』@李升煕著A新泉社B08年9月C249頁 22pD4500円
□『白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人』@牧山桂子、青柳恵介、須藤孝光著A新潮社B08年9月C85頁 22pD3000円
□『眞説元禄忠臣蔵』@哭考一著A東京図書出版会B08年9月C373頁 21pD1905円改訂新装版
□『多賀城跡』@高倉敏明著A同成社B08年9月C178頁 20pD1800円
□『海上の道と陶磁器 輝津館企画展「海と船の企画展」図録』@南さつま市坊津歴史資料センター輝津館編A南さつま市坊津歴史資料センター輝津館B08年9月C16頁 30pD非売品
□『驕れる白人と闘うための日本近代史』@松原久子著・田中敏訳A文藝春秋B08年9月C281頁 16pD619円
□『貧民の帝都』@塩見鮮一郎著A文藝春秋B08年9月C251頁 18pD770円
□『特攻 特別攻撃隊』@別冊宝島編集部編A宝島社B08年9月C249頁 16pD467円
□『あっと驚く!「値段」の日本史 面白すぎるお金の雑学200』@A宝島社B08年9月C222頁 19pD476円
□『幕末藩主の通知表』@八幡和郎監修A宝島社B08年9月C269頁 16pD476円
□『東京の坂と橋と文明開化』@鈴木陽二著A鈴木容子B08年9月C205頁 20pD非売品
□『新選組戊辰戦争のなかで 日野市立新選組のふるさと歴史館第三回特別展』@A日野市立新選組のふるさと歴史館B2008年C8頁 30pD非売品