全国歴史研究会
多彩なイベントのおさそい

  トップページへ

全国大会
新年会
会員懇談会
研究発表大会
特別イベント
第196回本部会員懇談会のお知らせ
2016年
  
★歴史研究会では、会員相互の研究発表と親睦交流を目的として、本部会員懇談会を
 催しております。
★今回は、講師を仙台市からお招きしての特別講演会です。
★会員外の方も、大歓迎です。多くの方々をおさそい下さい。 

一、日  時  4月23日(土)午後2時より午後5時まで(当日受付開始=午後1時30分より)

一、会  場  五反田文化会館
          東京都品川区西五反田1の32の2
          рO3・3491・4010
          (下記の案内をご覧下さい)

一、講  演 「仙台藩の参勤交代」

一、講  師  渡邊洋一先生(宮城県歴史研究会会長)

  *「参勤交代の制」とは諸大名の妻子の江戸在府制(江戸藩邸の経営)と共に、江戸
   幕府の根幹をなす制度である。この制度については、従来、諸大名の経済的負担の
   みが強調されていたが、本当のところはどうなのか。読み解いていく。(講師より)
        
一、参 加 費  二、〇〇〇円
        
一、申込み方法 葉書か電話かFAXで事務局までお申し込み下さい。
        定員40名ですので、お早めにお申し込み下さい。

【問合せ先】
〒141・0031 東京都品川区西五反田2の14の10の504
歴史研究会本部会員懇談会係
tel03・3779・3127 fax03・3779・5063
    
【会場案内】
*会場の五反田文化会館へはJR山手線「五反田駅」の西口から右手の桜田通りに出て左に直進、目黒川にかかる五反田大橋を渡り、三つ目のビルにあるNTTドコモと薬局の間の路地を左に入り、右側3軒目、徒歩で約5分です。都営地下鉄浅草線五反田駅、東急池上線五反田駅もご利用できます。

第191回本部会員懇談会のお知らせ
2014年
 
★歴史研究会では、会員相互の研究発表と親睦交流を目的として、本部会員懇談会を催しております。
★会員外の方も、大歓迎です。多くの方々をおさそい下さい。 

一、日  時  11月1日(土)午後2時より午後5時まで
              (当日受付開始=午後1時30分より)

一、会  場  五反田文化会館
        東京都品川区西五反田1の32の2  рO3・3491・4010
       (下記の案内をご覧下さい)

一、講  演 「邪馬台国と菊池一族の謎」

一、講  師  菊池秀夫先生(九州の歴史と文化を楽しむ会会長)

         *「魏志倭人伝」には、邪馬台国と対立していた狗奴国の狗奴智彦狗(くくち
          ひく)が記されている。熊本県の菊池という地名は久々知が菊池となった。
          地名と魏の使者の行程と考古学的な見地から邪馬台国は筑後平野にあ
          ったと推測する。南北朝時代には菊池では菊池一族が活躍した。
          その行動原理の真髄を追求する。弥生時代末期から南北朝時代にかけ
          ての熊本の歴史を明快に話したい。(講師より) 
        
一、参 加 費  二、〇〇〇円
  なお、講演会終了後、講師を囲み、親睦交流のため意見交換会(茶話会)も催す予定
  です。
一、申込み方法 葉書か電話かFAXで事務局までお申し込み下さい。
           定員40名ですので、お早めにお申し込み下さい。

【問合せ先】
〒141・0031 東京都品川区西五反田2の14の10の504
歴史研究会本部会員懇談会係
tel03・3779・3127 fax03・3779・5063
    
【会場案内】
*会場の五反田文化会館へはJR山手線「五反田駅」の西口から右手の桜田通りに出て左に直進、目黒川にかかる五反田大橋を渡り、三つ目のビルにあるNTTドコモと薬局の間の路地を左に入り、右側3軒目、徒歩で約5分です。都営地下鉄浅草線五反田駅、東急池上線五反田駅もご利用できます。 
 第190回本部会員懇談会のお知らせ
2014年
 ★歴史研究会では、会員相互の研究発表と親睦交流を目的として、本部懇談会を催しております。
★会員外の方も、大歓迎です。多くの方々をおさそい下さい。 

一、日  時  10月4日(土)午後2時より午後5時まで
              (当日受付開始=午後1時30分より)

一、会  場  東京都中央区銀座3の2の10
        並木ビル 地下一階(下記の案内図をご覧下さい)
        рO3・3561・5323

一、演  題 「上杉景勝を支えた武将たち」

一、講  師  志村平治先生(歴史研究家)
*上杉景勝は、御館の乱で勝利し、上杉謙信の後継者となったが、この初期景勝政権樹立に貢献した武将たち(須田満親・山浦国清・上条政繁・藤田信吉)の活躍とその末路を紹介したい。

一、参 加 費   二、〇〇〇円

一、申込み方法 葉書か電話かFAXで事務局までお申し込み下さい。
        定員40名ですので、お早めにお申し込み下さい。 
        ※会場がいつもと違いますのでご注意下さい。

【問合せ先】
〒141・0031 東京都品川区西五反田2の14の10の504
歴史研究会〈本部会員懇談会〉係
tel03・3779・3127 fax03・3779・5063
    
【会場案内】
*会場の「並木ビル」へはJR山手線「有楽町駅」から徒歩7分

☆いつもと会場が違いますので、ご注意お願いします。



第181回本部会員懇談会のお知らせ
2013年

★歴史研究会では、会員相互の研究発表と親睦交流を目的として、本部会員懇談会を催しております。
★会員外の方も、大歓迎です。多くの方々をおさそい下さい。
       
一、日  時 3月9日(土)午後2時より午後5時まで
           (当日受付開始=午後1時30分より)
       
一、会  場 東京都品川区西五反田1の32の2
       五反田文化会館(下記の案内図をご覧下さい)
       рO3・3491・4010
       
一、研究発表「発見! 幕末徳川家からオランダ国王へ」

一、講  師 石田謙司さん
       (東京都会員・甲冑史研究家)
        徳川家が幕末にオランダ国王に贈った二領の甲冑。
        歴史的にも貴重なこの甲冑、長い間行方がしれなかったが、オランダ・ロッテ
        ルダムの世界博物館で展覧されていた!
        この甲冑をめぐるお話しにご期待ください。
       
一、参 加 費 二、〇〇〇円
       
一、申込方法 葉書か電話かFAXで事務局までお申し込み下さい。定員40名ですので、お早めにお申し込み下さい。
       
【ご注意】会場は、これまでどうりですが、曜日が第二土曜日となりますのでご注意下さい。
【問合せ先】
〒141・0031 東京都品川区西五反田2の14の10の504
歴史研究会本部会員懇談会係
tel03・3779・3127 fax03・3779・5063
    
【会場案内】
*会場の五反田文化会館へはJR山手線「五反田駅」の西口から右手の桜田通りに出て左に直進、目黒川にかかる五反田大橋を渡り、三つ目のビルにあるNTTドコモと喫茶店の間の路地を左に入り、右側3軒目、徒歩で約5分です。都営地下鉄浅草線五反田駅、東急池上線五反田駅もご利用できます。


第180回本部会員懇談会のお知らせ
2012年

★歴史研究会では、会員相互の研究発表と親睦交流を目的として、
本部会員懇談会を催しております。
★会員外の方も、大歓迎です。多くの方々をおさそい下さい。
       
一、日  時 3月3日(土)午後2時より午後5時まで
           (当日受付開始=午後1時30分より)
一、会  場 東京都品川区西五反田1の32の2
          五反田文化会館(下記の案内図をご覧下さい)
          рO3・3491・4010
一、主  題 「映像で見る 高句麗文化研修旅行」
        *プロジェクターを駆使する会員懇談会です。
          テーマは紀元前に満州東部に興り朝鮮北部に発展した高句麗遺跡を訪ねる旅          です。
          貴重な映像とお話にご期待下さい。
一、講  師 坂本 花子さん 
        *全国歴史研究会本部運営委員(川崎市在住)
一、ミニ講演 @高天原と出雲   後藤幸彦さん(古代史研究会)
           A平清盛の「虚と実」  立川誠一さん(常総歴史研究会会長)       
一、参 加 費 二、〇〇〇円
一、申込方法 葉書か電話かFAXで事務局までお申し込み下さい。
            定員40名ですので、お早めにお申し込み下さい。

【問合せ先】
〒141・0031 東京都品川区西五反田2の14の10の504
歴史研究会本部会員懇談会係
tel03・3779・3127 fax03・3779・5063
    
【会場案内】
*会場の五反田文化会館へはJR山手線「五反田駅」の西口から右手の桜田通りに出て左に直進、目黒川にかかる五反田大橋を渡り、三つ目のビルにあるNTTドコモと喫茶店の間の路地を左に入り、右側3軒目、徒歩で約5分です。都営地下鉄浅草線五反田駅、東急池上線五反田駅もご利用できます。

  

 

■参加希望、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

メールアドレス:zrkk@rekishikan.com